すぐにカメラ転売で稼ぐために必要な道具

5981841

どうも、三並周悟です。

 

カメラ転売で稼ごうと思ったら、

それなりの行動をとる必要があります。

 

具体的には安く買って高く売るための、

方法を考えないとダメなのですが、

そのために必要な道具を

お伝えしようと思います。

 

カメラ転売で稼ぐために必携のアイテムですので、

稼ぎたいならすぐに用意してください。

 

実際に何に使うのかを説明していきますので、

手っ取り早く揃えてしまいましょう。

・ミューズウェットクロス

頑固な汚れをとるのに必須のアイテムです。

こちらがあればボディなどの頑固な汚れや、

白化してくるラバー部分も黒々と復活します。

絶対に買わないとダメなアイテムですね。

 

・レンズクリーナー

ミューズウェットクロスでは油膜がついてしまうため、

デリケートなレンズ面やファインダーなどの

光学系と言われる部分は清掃できません。

そこで活用するのが、レンズクリーナーです。

綺麗に清掃するために必ず買いましょう。

 

・ブロアー

レンズやボディなどは黒黒としているので、

ホコリやチリの付着が目立ちます。

そういったかすかなホコリなども、

商品写真ではイメージダウンです。

そこでブロアーで吹き飛ばしましょう。

100円均一などでも買えますが、

質が悪いのでオススメできません。

少し値がはりますが、下記の物を買いましょう。

 

・クロス(粗めのもの)

清掃用のクロスが必要になって来ます。

2種類必要で、ボディなどをざっくり拭く、

粗めのクロスを用意しましょう。

おすすめは下記のものです。

綺麗に汚れが落ちます。

 

・クロス(きめ細かいもの)

レンズ面などの光学系は粗いもので拭くと、

拭き傷がついてしまうため、

値段が上がりにくく鳴ります。

そこできめ細かいクロスを使用します。

 

・タッチアップペン(つや消しブラック)

カメラのボディやレンズは黒い物が多いです。

そういった商品のキズなどの補修に使うのが、

車のタッチアップペンです。

これ一本でかなりの商品の補修が出来るので、

必ず用意しましょう。

 

・パウダースプレー

肌のベタつきを抑えるために使う、

パウダースプレーですが、

カメラ転売では別の使い方をします。

カメラのボディの中にはグリップがべたつくものがあります。

そういったボディでの撮影は不快で、

クレームの原因にもなりかねません。

こちらのスプレーを活用すれば、

ベタつきも抑えることが可能です。

 

・撮影ブース

商品の撮影はブースで行わないと、

商品の魅力を十分に伝えることは不可能です。

逆を言うと、撮影ブースで撮影することで、

商品の魅力を存分に伝えることが可能です。

サイズ的に下記のブースがおすすめですので、

是非とも購入してしまいましょう。

 

・レフ板

ブースを組んだだけでは影の具合が綺麗にならず、

光の当たり方が均一になりません。

それを解消するのがレフ板です。

こちらを活用すれば、綺麗に撮影が可能です。

 

・ガムテープ

梱包に必要な資材になります。

用意しておきましょう。

 

・緩衝材(プチプチ)

カメラはデリケートな商品なので、

必ずプチプチでくるんで発送する必要があります。

必ず用意しましょう。

 

・セロテープ

プチプチで包む際に、必要になります。

用意しておきましょう。

 

・カッターナイフ

梱包の開梱、プチプチの切断に必要です。

買っておきましょう。

 

・領収書

個人取引でも先方が領収書を所望される場合があります。

その際、用意してあげたほうが親切ですので、

一冊用意しておきましょう。

収入印紙は貼る必要はありません。

 

さて、こちらのすべてを用意したら、

カメラ転売で稼ぐ準備も万端です。

 

ですが、実際に何から始めたら良いのか?

どうやって稼いだら良いのか?

撮影に必要な機材はどんなの?

商品撮影は適当で構わないのか?

などなどわからないことがたくさんだと思います。

 

そこでカメラ転売をスタートしやすいように、

カメラ転売のレポートを作成しました。

今後、有料で販売するつもりですが、

今回こちらを読んで頂いている方には、

無料で配布しようと思います。

 

要は無料モニターとして稼いでみてください。

そういう思い出配布致します。

 

いつ有料化するかは未定ですが、

今なら無料ですので、

まずは気軽に下記のボタンより受け取って下さい。

 

 

tyousokubana

 

 

コメントを残す