なぜなに?カメラ転売で古物商の許可は必要なの?

Q_A

こんばんは、三並周悟です。

 

あなたはお買い物をする時、
新品派ですか?
中古派ですか?

 

多分、人それぞれだと思うんですよね。

私はAmazonで商品を売っていますが、
新品でも中古でもどちらもしっかり需要があるわけです。

 

私はどちらかというと、
中古で扱っても支障の無い物、
例えばゲームソフトなんかは中古で買います。

 

でも物によっては、新品の方がいいアイテムもありますよね。

まあ、あんまり考えにくいですけど、
下着とか水着なんかは中古で買うことはないです。

 

私は結構、無頓着な人間ですので、
中古でもお構いなしです。

 

ですが、絶対に新品しか買わない人もいるので、
経済が回るわけです。

 

中古市場だけが回転していたら、
メーカーは儲けが出ないですからね。

世の中上手く回っているものです。

 

さて、中古に関してですが、
カメラ転売をする際のお話として、
扱う商品は殆どが中古ですね。

 

新品で仕入れて売るということは殆ど無いです。

というのも新品の方が利益率が少ないですからね。

 

新品は検品などは楽ですが、
仕入れが難しいとかいう理由もあり、
新品カメラを仕入れる機会はかなり少ないです。

 

となると中古が9割以上を占めるわけです。

中古の商品を売って一ヶ月に、
数百万円の売上が計上されるんですよね。

 

そこで、カメラ転売を始めようと思っている人は、
「古物商許可は必要なんだろうか?」

 

こう考えるわけです。

 

kobutsu

 

結論から言いますが、
古物商許可は必ず必要です。

 

一応ですが、古物商許可を取得せずに
古物で営業利益を上がることは、
違法になります。

 

ではどんな罰則があるのかというと、
無許可営業で
3年以下の懲役又は100万円以下の罰金

 

という、非常に重い刑罰が科されます。

 

ですので、カメラ転売で利益を上げようと思ったら、
古物商許可を取る事を考えましょう。

 

これは、副業であっても例外ではありません。

 

では、古物商許可はすぐに取得する必要があるのか?

 

というと、諸事情ですぐに取れない場合もありますよね。

 

例えば、賃貸契約のマンションに住んでいて、
古物商許可申請が契約上出来ない場合などです。

 

古物商許可は必ず、必要ではありますが、
その場合、個人の不要品を処分出品しているという
スタンスならば、しばらくは問題なさそうです。

 

ですが、カメラ転売で利益が上がりだしたら、
古物商許可は必ず取るようにしてください。

 

無許可営業で100万円の罰金なんて、
絶対に払ってられません。

 

古物商許可の許可申請ですが、
意外なほど簡単にすることが可能です。

 

ですが、申請から取得までに
結構時間がかかりますので、
早めに申請しましょう。

 

ちなみに私はカメラ転売を志してすぐに、
古物商許可を取りました。

 

これぐらいフットワークが軽いほうが、
稼ぐスピードは早いと思います。

 

これで稼いでやるっていう意識って大事ですので。

なので必ず古物商許可を取りましょう。

 

 

ちなみにカメラ転売以外でも、
中古品を扱う場合は必ず申請しましょう。

 

 

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

              




コメントを残す