カメラ転売は相場のよみを間違えると○○になることもしばしばある

20150730120502

こんばんは、三並周悟です。

 

私は無趣味の多趣味です。

どういうことかというと、
趣味はあるけど非常に浅く広くって感じなので、
どっぷるハマることはないですが、
色々なことに興味がつきないわけです。

 

読書も好きだし、映画も好きだし、
音楽も好きだし、旅行も好きだし、グルメや
ゲームやダーツなどにも興味を持ったこともあります。

 

ですが、どっぷりハマらないので、
ひろーく、浅い趣味活動をするわけです。

 

そんな中ゲームソフトを買うわけなんですが、
色々なソフトに目移りします。

 

新品、中古色々ありますが、
欲しいと思ったソフトは新品でも中古でも構わず買います。

 

そして、いつも思うんですが、
ゲームソフトの価格って、
結構相場が変動するんですよね。

 

変動すると言っても、
ほとんどが値段が下落していく傾向が強いです。

 

中古でプレミア化する商品はあまりないようですね。

 

なので、待ってるうちに欲しかったソフトが
すごくお手頃価格になっていることなんて多々あります。

 

そういう時はラッキーな気持ちになって、
即買するわけです。

 

やっぱり安く良い物が買えると嬉しいですからね。

 

まあ、ゲームソフトの相場って非常に読みやすいんですよね。

 

それに比べて、カメラの相場ですが、
非常に大きな変動があります。

 

流行り廃りもあるのでしょうが、
思いもかけない高騰や、
いきなりの下落などもよくあります。

 

これは、色々理由があるんですが、
カメラだけではないですが、
物販全体に言えることですが、
2月と8月は売上が大きく下落します。

 

これは景気の影響ですよね。
どうしても、物販全体で売上が鈍ります。

 

そのため、どうしてもカメラの価格もあがりづらいです。

 

その反面、ボーナス期などは相場が上がる傾向があります。

 

なので、高い時に買って、
安い時に売ると赤字になることもあります。

 

その他は、後継機が発売された時ですね。

どうしても新商品の方が売れる傾向にあり、
買い替えをする人が多いのがカメラ業界です。

 

旧型機は値段が大暴落します。

 

相場をしっかり調べておかないと、
大きな赤字が出るわけです。

 

カメラ転売を行ううえで、相場は非常に重要です。

ただ適当に仕入れて、売っても利益は出ません。

 

じゃあ、どうやって調べるかというと、
現在出品中の同じ商品の相場をヤフオクでしっかり見るのはもちろん。

 

オークファンで過去の売れた相場を見ていきましょう。

直近で売れた価格、3ヶ月以内に売れた価格、
6ヶ月、1年と遡ってみるといいでしょう。

 

さらには、価格の高い順や、入札の多い順というふうに、
並べ替えることでより精度の高い相場を調べられます。

 

相場を読み違えると、大きな赤字が出る原因になります。

 

マニュアルレンズやカメラのように、
現在生産されていないものはほとんど相場の下落はないですが、
デジタル系のカメラやレンズは大きな下落もしばしば起こります。

 

定期的に相場は調べたほうが良いですね。

それだけの手間で、赤字は防ぐことも可能です。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す