カメラ転売をしている人はちゃんと決算を組みましょうね

kesan

こんばんは、三並周悟です。

 

久々の更新となりましたが、

新年を迎えましたね。

 

私事ですが、昨年は色々な事がありました。

良いことも悪いこともあり、

本当にバタバタした一年でした。

 

そんなこんなで、

ブログの更新も途切れ途切れになってしまったり、

カメラ転売での作業時間も思ったほど取ることが出来ないという、

非常にジレンマを感じる一年になったのですが、

収入自体は落ちるどころか、

増える形になったので、

結果オーライといった感じで一年を終えることが出来ました。

 

本当にバタバタした一年でしたが、

カメラ転売をしているおかげで、

時間の融通が効いたというのが、

非常に助かりましたね。

本当にカメラ転売さまさまです・・・。

 

さて、新しい年を迎えると考えないといけないのが、

決算ですね。

僕はカメラ転売を個人事業ではなくて、

株式会社として行っているので、

決算を組む必要があります。

特に2月を決算期にしているので、

1月に入るとまた決算の準備で忙しいわけなんです。

 

この決算というのは曲者でして、

会社だと絶対にする必要がありますよね。

そうしないと税申告が出来ないので、

税金を収めることが出来ずに、

追徴課税がかかってくることになります。

 

会社としてやっていく以上

法人化している人は

必ずやっていることだと思います。

 

では、法人化していない人はどうなのか???

 

決算とは違いますが、

申告はする必要がありますね。

 

例えば個人事業や個人で副収入がある方は、

青色申告などの確定申告が必要になってきます。

 

これはサラリーマンが副業でカメラ転売をやっている場合も、

必要になってくるというのを

しっかり認識しておいてください。

 

年間20万円以上の利益がある場合は、

申告しないと後々追徴課税が課されることになります。

 

特に、マイナンバー制度が導入されて、

個人の口座の特定が容易になることで、

国や税務署は僕達が資産をいくらもっているのか、

把握できてしまう時代になったので、

申告漏れで、

ある日突然、

税務署の調査が入る可能性もあるということです。

 

実際に僕の知り合いも、

ネットビジネスで大きく稼いでいましたが、

申告を怠っていたために、

口座を凍結されたという悲惨な話も聞いたことがあります。

 

税務署は何年か泳がせておいて、

ある日突然やってくるらしいので、

非常に怖いですね。

税務署の差し押さえによって、

事業自体がストップする可能性も大きいので、

申告は必ずしておいたほうが良いでしょう。

 

カメラ転売の場合だと、

年間20万円の利益なら簡単に稼げてしまいますが、

人によっては本業と同じくらい稼げている人もいると思います。

 

そういう人は出来れば、

法人化してしまったほうが良いですね。

 

上手く節税を行えば、

個人名義でネットビジネスをやるよりも、

資産を構築することが可能だからです。

 

税務など難しいかも知れないですが、

ハッキリ言って、

僕はほとんど自分では税務処理はしていません。

 

税理士さんに丸投げの状態です。

なのでまったく難しいことはないんですね。

もし本当に人生を変えるつもりで取り組みたいなら、

カメラ転売で法人化を目指してはどうでしょうか?

 

起業しても数年は赤字の会社が多くて、

2.3年以内に倒産する会社は多数ありますが、

カメラ転売なら一期目から利益を出すことが可能ですので、

非常におすすめですよ。

 

カメラ転売に興味があるなら、

まずは下記より無料レポートを受け取って下さい。

 

人生を変える足がかりになると思います。

 

tyousokubana

コメントを残す