カメラ転売者の間違った考え、CanonとNikonだけが仕入れの対象?

カメラ転売は安く買って、高く売るだけという、

非常にシンプルなビジネススキームですので、

塾やスクールが乱立している状況です。

本物も偽物もどちらもありますが、

ちゃんと成功するために、しっかり見極めて欲しいです。

 

指導される方の中に、「デジタル系を仕入れましょう」とか、

「CanonやNikonに絞って検索をしていきましょう」

という事を仰られる方がいますが、ちょっと待って欲しいです。

 

確かにCanonNikonは二大巨塔ですし、

人気商品も多く、市場に商品がたくさん出回っています。

 

そのため、仕入れをする機会・販売機会も多く、

指導する側からすると大変教えやすいです。

 

ただCanonNikon以外のメーカーも、

カメラというカテゴリ自体が人気のカテゴリです。

 

SONYなどは大人気で、

シェア的にも二大メーカーに見劣りしません。

その他、OLYMPUSRICOHFUJIFILMPanasonicと、

ファンがたくさんいるのが事実です。

 

リサーチがし易い、仕入れがし易いという理由だけで、

二大メーカーに固執するのではなく、

様々なメーカーの商品を仕入れてみて、

幅広く扱った方が、大きな利益を得ることが出来ます。

 

ニッチな商品ほど、ライバルは少なくなりますし、

自分だけが扱える商品が増えるということは、

ブルーオーシャンを見つけられる可能性だってあります。

 

カメラ転売で扱うメーカーは二大メーカーはもちろん扱い、

その他のメーカーも率先して扱う。

そして、ライバルが少ないポジションを見つける。

そうすることによって、他社を引き離す事が出来ます。

 

いつまでも人と同じことをしているだけでは、

大きな成功は手に入りませんし、

自由や夢、野望を叶える道のりが遠のいてしまいます。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す