脱サラする方が良いと思った理由・・。社員は所詮・・。

こんばんは、いつも記事を読んでくださってありがとうございます。

 

さて、私は現在は会社員ではありませんが、

昔は会社勤めして、社畜として働いていました。

 

朝の4時半頃に起きて、4時間近く運転して、営業に行き、

一日中営業を終えて、夜中に帰る。

家には1週間に一度しか帰らずに、

毎日ビジネスホテルに寝に行くだけという生活でした。

ある意味気が楽でしたが、

プライベートの時間は一切なかったですね。

でも、もっと社畜って感じの生活の人もいるでしょうね。

上には上がいるって言いますからね。

 

自分で言うのもなんですが、

私は社畜時代は会社に大変貢献したと自負しています。

営業成績は良好で、会社の売上に貢献しましたし、

その成果が認められて、半年足らずで管理職まで登りつめました。

給料もそこそこ良かったんじゃないでしょうか。

最高月収は150万円ですが、

基本給で45万円くらいだったので、

お金が足りないと思ったことはありません。

(もちろんもっと欲しかったですけどね)

会社員なので、やっぱり給料のリミットってあるわけで・・。

やっぱりどんなに働いても限界が来るんですよね。

 

まあ、そんなこんなで会社のために、

プライベートも体も削って頑張っていたわけですよ。

でも管理職なので、自分の成績だけではダメなんですよね。

部下の成績も自分にのしかかって来ます。

出来る人間は良いのですが、

営業として求められるものが非常に厳しい会社でしたから、

出来ない人間はどうしても、チャンスすらもらえなんですよね。

なので、成績は悪いまんまというわけです。

 

会社組織なので、それは仕方ないことなのですが、

それが原因で私にも火の粉が降りかかります。

それは、減給です。

会社のために身を削って頑張っていたのに、

給料を40万円に減らすというわけです。

それは怒り心頭というよりも、意気消沈も甚だしかったですね。

もう呆れて物も言えないというか・・・。

 

そういったことも理由の一つで退職をするわけなんですが、

結論として、会社は生産性があっても、

意味なく社員を廃棄することもあるんだと実感しました。

私個人の見解では、私に落ち度などはなかったですからね。

 

ただそのことに関しては私は大変感謝しています。

その減給のおかげで、退社を決意して、

ネットビジネスに取り組むきっかけをくれたわけですからね。

 

しかも、私が退社して数年後に、

その会社は倒産してしまいました。

私が勤めている時は、業界に追い風だったので問題なかったですが、

私が退社したあとあたりから、どんどん業績が悪化したようですね。

もともと危惧していた部分は有りましたが、

それが的中してしまった形になりました。

 

そういったこともあったので、

私はネットビジネスで上手くいかなかった間も、

再度就職先を探そうという気にはなりませんでした。

 

まずは、会社は社員を守ってくれません。

守るどころか、粗を探して、減給しようとします。

ある程度までは昇給するんですけどね。

ある程度まで上がると、飼い殺しというか、

行ったり来たりなんですよね。

なんかやり甲斐が一気に失せてしまいます。

 

もう一つは、会社員でいることの恐怖です。

会社員で一生を終えることほどの恐怖はないと思っています。

昔はサラリーマンは安定していたんでしょうが、

私は隆盛を誇った会社が倒産した事実をしっています。

もし、その時勤めていたら被害を被っていたでしょうね。

なので、会社員で居続けるには、それ相応の理由が必要ですね。

私はしがみつきたいと思える会社はもうないと思っているので、

今後も会社勤めすることはないです。

 

今もネットビジネスをきっかけに起業することが出来ました。

会社員時代は昇給と減給を行ったり来たりで、

給料にリミットを感じていましたが、

ネットビジネスでは際限がありません。

稼ぎたいならその分の行動を取ればいいだけです。

だから脱サラして良かったと本当に心から思います。

 

会社にとって社員なんて、

所詮使い捨てのポケットティッシュみたいなものですよ。

いつ気づくかですが、私は早めに気付いて良かったです。

生きていて不自由なことほど、苦痛な事はないですからね。

 

現在は本当に自由に過ごしてますよ。

毎日は楽しくてしようがないです。

あなたがもし脱サラ考えているなら、

是非参考にして下さい。

考え方を変えれば、行動が変わりますよ。

私が脱サラする方が良いと思った理由・・。

社員は所詮は使い捨て・・。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す