自由とは・・・

freedom-robot-shackles-chains

自由とは・・・

 

自由という言葉は具体性に欠けて、抽象的なイメージがあります。

 

時代の経過とともに自由という意味も変化してきています。
昔と今では自由の捉え方って違いますよね。

 

昔の人は身分で不自由を感じたり、

 

身分違いで結婚出来なかったり、

 

自分のしたい職に就けなかったり。。。

 

 
でも現代では努力さえすれば、好きな身分を得られますし、

 

好きな人が出来れば、国際結婚だって可能です。

 

就きたい職業につくこともできます。
そんな中でも不自由だと嘆く人もいます。

 

 

 

色々な理由があると思うんですが、

 

あなたは何か不自由だと感じていませんか?

 

 

私は色々思い浮かぶんですが、

 

まずは思い浮かぶのは時間ではないでしょうか?

 

その理由として、現代の日本の世の中では、

 

サラリーマンは87%を占めます。

 

一方自営業者は8%という割合です。

 

これだけの人が会社という組織に縛られているんです。

 

好きな日や、好きな時間に休める企業も中にはあるでしょう。

 

ですが、大半の企業は自分の思い通りになりません。

 

会社の傀儡(あやつり人形)なわけです。

 

もちろん、その報酬として給与を得るわけなんですが・・・。

 
もう一つの不自由な理由として上がるのが、

 

実はお金なんですよね。

 

 

あなたももう少し給料が上がったらなぁ・・。とか、

 

思ったことはありませんか?

 
私は会社員時代いつも思っていました。

 

お金のために働いていましたし、

 

お金がないと世の中何も出来ませんからね・・。

 
例えば金銭的な自由だと、

 

私は昼食代をいつも気にしていました。

 

なるべくワンコインで済ませようとか、

 

お茶は沸かしてペットボトルに入れたり、

 

お昼抜きとかもしていましたね。

 

あとは、趣味に費やすお金を節約したり、

 

電車代を節約するために、ひと駅歩いたり、

 

デート代を倹約したりするわけです。

 

これって非常に不自由なわけです。

 

頑張っても、頑張っても給料って

 

なかなか増えてくれないんですよね。
時間的な自由だと。

 

朝好きな時間まで寝たいとか、

 

好きな時に仕事がしたいとか、

 

土日はどこも混むので、

 

ウィークデーに遊びに行ったり、

 

好きなタイミングで旅行に行ったりですね。
またその2つ以外にも、

 

社会的な自由ですね。

 

これは本当に自分のやりたい仕事が出来ない。

 

新しいことに挑戦出来ない。

 

社会的な身分(位置づけ)が低い。

 

嫌な上司にこびを売ったり、

 

仕事を楽しく出来ない。

 

労働時間の割に給料が少ない。

 

普段、会社員をしていると、

 

不自由さに慣れてしまって、

 

不自由さに鈍感になってしまっています。

 

でも必ず、自由に対する不満があるはずなんですよね。
不自由さとは実は欲求に直結しています。

 

自由になるには、その欲求を満たせばいいだけなんです。

 

もしあなたが、自由になりたいなら、

 

自由になるための一歩を踏み出してはいかがでしょうか?

 

 

 

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す