必勝を考えたタイミングで仕入れないといつまでも稼げないままです

20150730120502

こんばんは、三並周悟です。

いつもお読みいただきましてありがとうございます。

桜もそろそろ咲き始める季節ですが、
今日は一日肌寒かったです。

でも春が好きなので、開花前線が楽しみですね。

もう4月も目前なのに、暖房をつけてしまう、
そんな寒さに弱い私がいます。

さて、卒業式シーズンもそろそろ終わり、
新学期に向けて、学生たちは準備を始めます。

初々しい学生たちの姿も巷で目にすることでしょう。

このシーズンには新生活への買い替え需要や決算の兼ね合いで、
世間の家電製品なども新製品の発売が多くあります。

もちろん、私の得意とするカメラも例外ではなく、
新製品の発売シーズンなわけです。

実はこういう新製品と旧製品の入れ替えの時期は、
色々気をつける必要があります。

それは、後継機が出ることで旧製品の価格が暴落するということです。

特にカメラの場合は非常に顕著に価格の低下が見受けられます。

ニコンのD5という機種が3月26日に発売されます。

大体ネットでの新品価格が70万円前後と大変高額なプロ機です。

実はこの商品もある機種の後継機でして、
D4Sという機種が一世代前の機種なんですよね。

この機種半年前まではヤフオク相場で45万円くらいで取引されていました。

それが、今年の2月3月に入ってからは35万円くらいまで、
値段が落ちてしまっています。

この理由は新機種への乗り換えが大きな原因なんですよね。

そのため、たった半年で10万円も相場が下がってしまいました。

D5が発売されたら、もう少し値段が落ちると思います。

この新製品との入れ替えの時期に仕入れてしまうと、
大きな赤字を被ってしまう可能性がありますので、注意が必要です。

ですが、それを逆手にとって、相場が落ちているところを安く仕入れて、
自分は綺麗な商品ページで高く売るというテクニックも使えます。

こういうのって、知識がないと出来ないんですよね。

私は商品の知識はあまり必要ないと思っています。

ですが、相場や発売時期などの知識は役に立つと思っています。

なので、こういう情報には敏感になったほうがいいでしょう。

半年で10万円相場が下がるということは、
もし間違って仕入れてしまったら、
10万円の赤字が出るということなんです。

稼ぐためにやっているのに、
10万円の赤字とかありえないですよね。

それだけで、もうやりたくなくなります。

ですが、例外もあります。

それは、後継機が発売されない商品です。

例えば、フィルムカメラとか、
そのレンズとかですね。

新しいものが発売されないので、
相場が安定していますし、
数も増えないので希少価値が高いです。

デジタル系だけでなくマニュアル系も狙うと、
稼げる額が増えるだけでなく、
安定して高利益を取ることが出来るようになるでしょう。

ですので、あなたがこれから、
カメラ転売を始めようと思っているとか、
まだまだ利益が足りないなら、
今回のことを思い出して仕入れをしていってください。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す