いつやるか、今でしょう。そうすればお金も時間も自由になります。

l_025

こんばんは、三並周悟です。

私は高校生の時は全くと言っていいほど、
勉強をしていませんでした。

毎日遊びほうけて、
受験勉強などもしたことがありません。

そのため、学歴がなくていい大学なども行っていません。

当然ですよね。
努力していなんだから、いいとこなんて進学出来ませんん。

その流れですから、就職先もまともなところがなく、
ブラック企業を転々として無駄な時間を過ごして、
安月給でこき使わるという、
最悪なコンボを喰らいました。

林修先生がおっしゃる、
「いつやるか、今でしょう」
をしなかった悪い例が私というわけです。

では、受験勉強を頑張っていい大学に行っていたら、
私の人生は、今より良くなっていたのでしょうか?

それは神のみぞ知るというか、
あとの祭りなわけですが、
おそらく変わっていなかったんじゃないかと思うんです。

少なくとも良くはなっていなかったんじゃないかと思います。

今より、高学歴だったとしてもです。

なぜかというと、根本的に会社組織に身を投じて、
会社のために献身的に働くというスタンスが私には向いていません。

もちろん、勤務している間はまじめに仕事をこなしますし、
ある程度の貢献をしていました。

ですが、だんだん虚しくなってしまうんですよね。

会社の利益を上げても、給料が一気に増えるわけでもなく、
休みもどんなに多くても週休二日制なわけです。

そうなると、やる気がどんどん低下してしまいます。

それが当然だと思うのが、
会社員の人の常識ですよね。

私にはその常識は受け入れられないというか、
いつか嫌気がさしてしまうんです。

そして、その生活を60歳を迎えるまでするなんて、
絶対に我慢できないと思います。

結局は退職して、悶々としていたでしょうね。

逆に今は、過去の苦汁を噛みしめて、
それをバネに頑張れています。

過去のしんどい経験がプラスになっているわけです。

遠回りをしたのかもしれないですが、
正しい道に進んでいると実感しています。

会社員で一生を終えるという、
ありきたりな人生は私には向いていません。

でもそのおかげで、自由な時間と自由なお金。
社会的な自由を得られています。

なぜ、低学歴でどん底の生活をしていた私が、
こんなに悠々自適な生活ができるようになったのかというと、
「いつやるか、今でしょう」
の瞬間をしっかり行動したからです。

高校の時には私は何もやっていません。

ですが、ネットビジネスで身を立てると決めた時に、
しっかりやったんです。

「今」を感じ取って行動したんですよね。

その行動によって、結果が出ました。

会社員だと味わえないような経験をして、
お金も時間も自由になっています。

勉強でもビジネスでも大事になるのが、
「いつやるか、今でしょう」
は非常に大事です。

あるタイミングを逃すと上手くいきません。

もし、あなたが何かに挑戦しようかと悩んでいるなら、
まずは挑戦してみませんか?

やらずに行動しないとチャンスを逃します。

もし悩んだら行動あるのみです。

一番の失敗は行動しないことです。

チャンスすら得ることが出来ません。

そして、挑戦し続ける限り、
失敗は訪れません。

真の失敗とは挑戦しないこと。
継続せずに諦めることです。

挑戦し続ける限り、必ず成功は手に入ります。

その成功を手に入れるために、
どれだけ遠回りせずに済むかが重要なんです。

なので、もしあなたが、いつやるか悩んでいるなら、
「いつやるか、今でしょう」
という言葉を意識してください。

あなたの行動はあなたを決して裏切りません。

信じて行動してください。

本当にそれだけで、お金も時間も社会的にも自由になれます。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す