カメラ転売・要注意梅雨の湿気対策

こんばんは、三並周悟です。

 

 

 

6月も中盤をすぎて、

本州は梅雨真っ只中といった感じですね。

 

 

 

カメラやレンズを売っている人には、

非常に厄介な季節だといえます。

 

 

理由としては

カメラやレンズは湿気に弱く、

カビが生えてしまうからです。

 

 

 

商品を仕入れるときに、

よくカビが生えているので

ジャンクとして出品します。

という文言を見かけますが、

こうなってしまうと、

レンズなどの値段は上がりにくくなります。

 

 

 

せっかく利益を見越して仕入れたのに、

結果的には赤字になる・・・。

そんなこともあるかもしれません。

 

 

 

もしくは仕入れてからすぐに売れずに、

在庫として抱えている間に、

カビが生えてしまい、

検品時点でカビはなかったのに、

商品引渡後にカビを指摘されて、

クレームや返品なんてことも

大いに考えられます。

 

 

 

幸い僕は今まで

そういったトラブルにはあったことはないです。

理由は湿気対策をしているからです。

その方法を今回はお伝えします。

 

 

 

まずはエアコンの除湿機能を使う。

僕はダイキンのうるさら7を購入しました。

理由は作業部屋兼、在庫を置く部屋として使っていたので

部屋を快適にも使えるし、燃費も省エネかつ、

除湿機能が抜群だからです。

機能の詳細は下記のダイキンサイトで確認できるので

僕からは割愛します。

ダイキンのうるさら7

 

普段から楽天カードを使っているので、

ポイントを30000円分使って、

非常にお得に買えました。

 

 

 

 

はっきり言って、

エアコンをこのうるさら7に買えるだけでも

めちゃくちゃ効果は高いです。

蒸し暑いとかジメジメするとか

感じたことは全然ないです。

やっぱりエアコンはダイキンだなって思いましたね。

 

 

 

実はこのエアコンに替える前も

エアコンで除湿管理をしてましたが、

夏場の電気代はすごいことになってました。

節約も出来るようになったので、

24時間フル稼働でも良いのですが、

電気代ももったいないし、

エコでもないですよね。

僕はもともとエコ関係の営業をやっていたので、

そこらへんにはちょっとうるさいんです。

 

 

 

 

そこで、エアコンの除湿と併用していたのが、

湿気とりになります。

下記のような安価なものを常備しています。

大体3個でワンシーズン保つので、

コスパは最高ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水とりぞうさん 550ml×3個パック
価格:274円(税込、送料別) (2018/6/19時点)

 

僕の場合は日中や、作業をしている間は

エアコンをつけて除湿もしておいて、

作業をしていないときの対策として、

湿気とりの除湿剤を併用しておく感じですね。

 

たったこれだけの工夫で、

カビが生えてトラブルになったことはないです。

それでもまだ心配な場合は、

大事な商品や、

高価な商品の場合は、

防湿庫を購入するのもいいと思います。

防湿庫はサイズがまちまちなので、

あまり大きな物は保管できません。

用途に応じて複数買うのもいいと思います。

 

 

こういう大容量も物なら、

そこそこの商品も保管が可能です。

僕はエアコンと湿気とりの対策をしているので、

安価な下記の物をだけ用意しています。

実は防湿目的以外にも

下記の防湿庫は使いみちがありますが、

そちらは別の機会にお伝えします。

 

 

 

もし、カメラ転売をやっているとか、

これから始めるけど、

湿気対策を全くしていない人は、

上記の対策だけはしておいたほうが良いと思います。

 

 

👉カメラ転売初心者が成功するための無料情報はこちら

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これからカメラ転売で稼ぎたい人は、

下記より無料レポートを受け取って下さい。

tyousokubana

コメントを残す