稼ぎたいなら間違ったこだわりは捨てる

freedom-robot-shackles-chains

こんばんは、三並周悟です。

 

世の中の8割以上の人間が、

お金がたくさん欲しいと思っているのではないでしょうか。

 

大富豪とかよっぽど物欲が少ない人でなければ、

お金が欲しいと思っていることだと思います。

 

僕も例外ではなくて、

出来ればお金がたくさん欲しいと思っています。

ただし僕の場合は条件付きで、

ある程度の時間の自由もないと嫌です。

なので月収300万円もらえたとしても、

忙しくてプライベートが充実しないなら、

まったくといっていいほど意味が無いので、

お金と時間もバランスも重視します。

 

さて、そんな世の中稼ぎたいと思っている人だらけですが、

あまり稼げている人って多くないです。

日本経済って二極化が進んでいますよね。

めっちゃ稼いでいる人と、

まったく稼げないワーキングプアと言える人。

 

昔の僕は後者でした。

まったく稼げない人だったんですよね。

20台前半のときの会社員時代の最低月収は、

13万円でした。

アルバイトかよって感じですよね・・。

 

なぜこの時稼げなかったのかというと、

なんか変なこだわりをもっていたからなんです。

 

「成人したら正社員になって安定した生活を送らないとダメだ。」

 

こんな風に思っていました。

ちょうど僕がこういう生活をしていた頃って、

ニートっていう言葉が世の中に浸透しだした頃だったんじゃないかな。

 

絶対に正社員にならないとダメだって、

なんか世の中の風潮がそんな空気でした。

 

その頃から契約社員とか派遣とかも、

だんだん多くなりだしたんですけど、

なんか正社員への変なこだわりのせいで、

朝5時半に起きて、

ジュースを毎日運んでいたのを思い出します。

 

あの頃に今のような柔軟な考えを持って、

カメラ転売をしていたとしたら、

今よりもっと先のステージへ行っていたのかも知れません。

 

もちろん後の祭りなので、

今更どうしようもないんですけど、

このブログを見ている人には、

同じような間違った経験をしてほしくないです。

 

正社員が安定しているなんて時代は終わりました。

公務員とかなら一生ぬるま湯で、

それなりの給料をもらって生活が出来ますが、

会社員はいつ会社が倒産するのか、

いつ降格させられるのか、

いつ異動になるのか、

すべて自分で選ぶことが出来ません。

 

変なこだわりのせいで、

人生失敗した人も多くいますので、

損しない生活を送ってください。

 

カメラ転売で稼いでいる人も、

変なこだわりを捨てている人が多いですね。

例えば、得意のメーカーにこだわったりせずに、

色々なメーカーを扱うほうが儲けることが出来ます。

なので柔軟な考えで取り組んでいきましょう。

 

僕の人生を変えたカメラ転売に興味がある人は、

下記より無料でカメラ転売レポートを受け取って下さい。

人生を変えるきっかけになると思います。

 

tyousokubana

コメントを残す