2.1カメラ転売で失敗しない仕入れ基準、必勝のリサーチ法

カメラの知識がない人が転売をしようとしても、

何を仕入れたらいいのか、右往左往しますよね。

 

商品を仕入れる際には、

しっかり基準を決めて仕入れる必要があります。

 

そして、その基準を決める目安になるのが、

オークファンというサイトです。

 

オークファンはヤフオクなどの、

オークションサイトで過去に売れた商品の

落札金額などの詳細を調べることが可能です。

 

よって、オークファンを見ることにより、

仕入れようとしている商品が、

利益が出るのかどうかを知ることが出来ます。

 

オークファンはこちらから登録できます。

 

オークファンは無料でも閲覧可能ですが、

必ず有料登録してください。

 

理由は、無料会員だと過去データの検索が出来ません。

過去に売れた価格を知らないと仕入れる事が

出来ないので、プレミアム登録は必須となります。

 

月にたったの数百円ですので、

絶対に登録しましょう

それだけで月収数十万円アップも可能です。

 

では実際に見ていきましょう。

aucfan

検索ワードを入力して、検索すると対象の商品が表示されます。

落札金額を見ましょう。平均的な相場をつかむことが可能です。

 

落札日を見ましょう。直近の価格がわかります。

商品によっては、相場の変動がありますので、

過去の相場もしっかり見ましょう。

 

並べ替えすることで、さらにリサーチの精度が高まります。

「入札の多い順」「価格の高い順」「終了日の近い順」

すべてで並べ替えて相場の平均値を見極めましょう。

 

図の例を見ると、4250円~6100円と価格に開きがありますが、

並べ替えを駆使することで、大体の相場がわかります。

 

あとは自分がいくら利益が欲しいのかを考えて、

その金額に応じて仕入れをしていきます。

 

ちなみにこの商品は、高くても6000円強の商品のようなので、

利益を5000円以上とるのは難しいですね。

そういった理由で仕入れはスルーします。

 

はじめは仕入れの基準の見極めは、

難しいと感じるかもしれませんが、

慣れてくると仕入れるかどうかの判断が

すぐに付くようになって来ます。

 

この見方さえ間違えなければ、

簡単に稼ぐ事が出来ますので、

しっかり押さえてくださいね。

 

まずは1品で利益5000円を目指しましょう。

 

 

 
tyousokubana

 

コメントは受け付けていません。