2.3カメラ転売で仕入れをする際に注意するべきポイントとは?

カメラ転売で仕入れする際に、

注意すべきポイントがあります。

 

例えば、オンラインショップですが、

気をつけて商品を買わないと、

中国人経営の偽物ネットショップがあります。

 

これは偽物を送ってくるというわけではなく、

入金しても商品が送られてきません。

完全な詐欺ですね。

 

こういうショップを見極める方法は、

商品ページなどで、おかしな日本語がないか確認する。

 

特定商取引法などを熟読して、

問い合わせ電話番号に電話してみる。

のが簡単な見分け方です。

 

詐欺の場合、電話がつながりません。

これだけで偽物を見分けられます。

 

次に、ヤフオクの場合ですが、

ヤフオクでも詐欺に気をつけないとダメです。

 

評価数が0の新規の出品者から商品を買った場合、

まずは一度電話してみると良いでしょう。

それだけで詐欺に合う確率はぐっと下がります。

 

次に見るべきポイントは、やはり評価になります。

yafuokuhyouka

上記の赤丸の部分が出品者の評価になりますが、

この出品者は、評価ポイント569になります。

良い評価:571

悪い評価:2

※評価ポイントは、【良い評価-悪い評価】で算出されます。

 

一般的に良い評価の確率が99%以上の出品者は非常に優秀ですので、

あまり気にせず仕入れても問題ありません。

この出品者は非常に優秀ですので、何も気にしなくても良いです。

 

ただ、中には評価が悪い出品者も沢山います。

下記の出品者を見て下さい。

yafuokuhyouka2

96%の評価ですが、悪い評価の数が目立ちます。

この割合はヤフオクでは要注意出品者になります。

 

ヤフオクはお客さんも店舗も評価する 相互評価ですので、

なかなかよっぽどの事が無い限りは悪い評価が付きません。

 

う~ん・・・って悩んだ時には、青丸の「評価の詳細」をクリックしましょう。

クリックしたらこんな画面になります。

hyoukanoshousai

青丸をクリックして下さい。

 

開いた先のページで、

評価の詳細を見ることが出来ます。

そこで商品クレームが多い出品者は要注意でしょう。

 

あれっ?って思った時には、出品者の評価を確認して、

悪い評価の理由を物色して行く事が、自分の身を守る事に繋がります。

 

ここで重要なのが、

悪い評価の理由です。

 

悪い評価の理由を見て、動作不良の確率が高ければ

購入しない事をお勧めします。

 

始めの内はリスクヘッジを兼ねて悪い評価の出品者は敬遠し、

慣れてきて、資金的にも余裕が出来てきたら色々と開拓する事をお勧めします。

 

最初に失敗したら面白く無くなりますので、

最初は、良い評価98%以上(出来れば99%以上)の安心出来る出品者から

仕入れる様にしましょう。

 

 

 
tyousokubana

 

コメントは受け付けていません。