3.2カメラ転売でデジタル系とフィルム系の違い

カメラには大きく2つに分ける事が出来ます。

 

それが、デジタル系とフィルム系です。

 

その具体的な違いはというと、

撮影結果を記録する媒体が何かということです。

 

デジタル系は、SDカード

コンパクトフラッシュカード(CFカード)

microSDカードに記録するのが一般的です。

 

フィルム系は、その名の通り

フィルムに撮影結果を記録します。

 

フィルムカメラといえば、古いイメージがしますし、

最近ではデジタルカメラが一般的ですよね。

 

家電量販店に行ってみてください。

フィルムカメラなんて売られてませんから。

 

では、フィルムカメラやフィルムカメラ用の

レンズは売れないのかというと、

そういったわけではありません。

 

フィルムカメラにはフィルムカメラの

愛好家がおり、

このデジタルカメラ主流の世の中でも、

大きな市場があるわけです。

 

ですので、デジタル系でもフィルム系でも

カメラというカテゴリーであれば、

しっかり商品は売れるということです。

 

大きな違いとして下記の内容があるので覚えておきましょう

・記録する媒体がカードなのかフィルムなのか

・レンズの場合はオートフォーカスがあるのかないのか

 

この点だけ覚えておけば、

ほぼ問題ありません。

 

細かくいうともっと色々ありますが、

 

覚える必要はすぐに覚える必要はありません。

 

ちなみにデジタル系でもフィルム系でも

利益はしっかり取れますので、

両方扱えるようになったほうが

大きく稼げるようになるでしょう。

 

 
tyousokubana

 

コメントは受け付けていません。