3.5カメラ転売で難あり商品のすすめ

カメラ転売をはじめてから、

なかなか利益が出ないとお悩みのあなたに

是非とも仕入れていって欲しい商品があります。

 

それは、難あり商品や、ジャンク商品です。

難あり、ジャンクどちらも響きが良くないですよね。

 

ジャンクとはガラクタという意味ですし、

難ありも状態が良くないという意味ですね。

 

ですが、カメラ転売をする際に、

難あり商品を仕入れることは非常に重要だといえます。

 

それは難ありというのは価格が上がりにくい傾向にあります。

そのため、実店舗などでも難ありコーナーなどの商品は、

安く仕入れられるので、美味しいスポットなわけです。

 

しかもヤフオクの難ありをリサーチすると、

動作未確認だから難ありとか、

撮影出来るのにカビがあるからジャンク扱いとか、

まったく機能的に問題ないものが多くあるわけです。

 

そういう商品は仕入れてみると、

全然高値売り出来ますし、

普通の商品よりも、ものすご~く美味しいわけです。

 

また、ジャンクという形で出品されている物もあります。

実際に動かないガラクタなんですが、

この商品が欲しいという人もいます。

 

私達からすればただのゴミに感じますが、

そういった商品を修理して使いたい人や、

部品取りしたい人もいるわけです。

 

ですので、ジャンク品も実はお宝の山です。

ジャンク品であっても相場の半額程度まで価格が上がりますので、

是非ともオークファンで調べて買っていきましょう。

tyousokubana

 

コメントは受け付けていません。