3.1カメラ転売で仕入れるメーカーの選定

カメラのメーカーと聞いて、

あなたがピンと来るのはCanonかNikonではないでしょうか?

日本が世界に誇るカメラの2大メーカーです。

 

こちらの2メーカーは大きな利益を出せる商品を

たくさん発売しています。

 

ですが、このメーカー2大メーカー以外にも、

たくさんのメーカーがあるわけです。

 

その一部を紹介していきますが、

紹介するすべてのメーカーでしっかり利益を出すことが出来ます。

 

教わる人によっては、

「CanonかNikonに絞ってリサーチしましょう」

と指導する人もいますが、

そんな事言わずに、色々なメーカーを扱いましょう。

 

各メーカーのホームページへのリンクをつけています。

気になるメーカーのホームページをのぞいてみましょう。

 

・Canon(キヤノン)

キャノンと発音しますが、正式名称はキヤノンです。

出品タイトルはキヤノンと表記しましょう。

 

・Nikon(ニコン)

 

・OLYMPUS(オリンパス)

 

・Panasonic(パナソニック)

 

・SONY(ソニー)

 

・FUJIFILM(富士フィルム)

 

・RICOH・PENTAX(リコー・ペンタックス)

 

・SIGMA(シグマ)

 

・CASIO(カシオ)

 

というように、ホームページを貼れるメーカーだけでも

これだけの数があるわけです。

 

こちらに列挙したメーカーだけでも十分に利益が出せます。

 

そして、それ以外にも

・Hasselblad(ハッセルブラッド)

 

・LEICA(ライカ)

 

・CONTAX(コンタックス)

 

・Rolleiflex(ローライフレックス)

 

などといったように、

老舗のフィルムカメラのメーカーなどもあります。

 

実は、仕入れるメーカーを絞ってしまうよりも、

ヤフオクのカメラカテゴリーで出品される商品は、

すべて仕入れるに値するメーカーばかりです。

 

どのメーカーでも利益が出ると覚えた方が良いでしょう。

 

おすすめのメーカーとして、

Canon、Nikonの2大メーカーはしっかりおさえつつ、

それ以外に2つか3つ得意なメーカーを作る。

そして、ひろーくあさーく色々なメーカーを仕入れる。

 

そんな感じが成功の秘訣ですね。

 

 

 
tyousokubana

 

コメントは受け付けていません。