○○していれば老後の収入は安泰。年金だけに頼らない生活

30357

こんばんは、三並周悟です。

 

私たちは毎月年金を払っていますよね。

私は会社員の時は毎月数万円の厚生年金を払っていました。

 

今は独立して、国民年金を払っています。

ですが、年金に関しては明るいニュースはないですよね。

 

「本当にもらえるのか?」

「絶対にもらえなくなる」

といった意見もたくさんあります。

 

特に若者で正社員でない人は、
大多数が国民年金を払っていないようですね。

 

では実際に年金は私達が年老いた時にもらえなくなるのでしょうか?

 

私の見解では年金の支給がなくなることはないと思います。

そもそも、年金制度とは国策の中でも、
大きな役割を担っています。

年金制度に替わる精度が新たに施行されないかぎり、
年金支給がなくなることはないでしょう。

 

ですが、支給額が今まで通りもらえるのか?

それに関しては未知数と言えども、
支給額は間違いなく下がるでしょう。

 

これは当然、少子化の影響で、
若い世代の数が減り、
財源自体が不足するからです。

 

税収自体も下がることになりますので、
その他の政策で私達の生活が良くなるとは思えません。

 

今の日本では60歳で退職してから、
80過ぎくらいまで生きるとして、
20年間で2000万円前後が必要みたいですね。

 

そんな金額はもちろん年金収入ではまかなえません。

当然、年をとると病気になるリスクも増えますし、
以外に大きな出費がのしかかってきます。

 

老後を考えると戦々恐々といった感じですよね。

 

そう考えると、終身雇用で退職金をもらったとしても、
好きなことにお金を使うのも難しく、
年金も微々たる額なので、
つましい生活を強いられるわけです。

 

60歳で定年を迎えた方が、
安い賃金で再雇用されておられますが、
そうしないと生活が出来ないということなんでしょう。

 

なんのために生まれてきたのか・・・。
本当に働くために生まれて来たとしか思えない生活です。

 

私は年老いてからも、お金のために働き続けるのは嫌です。
仕事が好きだから働くのなら問題なんですけどね。

 

仕方なく、老骨にムチを打つなんてまっぴらです。

でも生活出来ないと困りますからね。
働くしかないという選択肢をとるのもわかります。

 

ですが、今この記事を読んでいるあなたは、
そんな選択肢を取るのはやめていただきたいです。

 

というのも、微々たる年金や、
再雇用で自分より若輩者に命令されて、
安い賃金で働くことよりも、
簡単に収入を得る方法があるからです。

 

私は常々、このブログでネットビジネスの
素晴らしさを伝えようとしています。

 

というのも、ネットビジネスを一度身につけると
一生稼ぎ続けることが可能になります。

 

しかも、完全在宅でも可能ですし、
収入も一般のサラリーマンよりも高収入です。

 

マイペースで仕事が出来ますし、
お金も時間も社会的にも自由でいられます。

 

しかも自分のペースで仕事ができるので、
いやいや働くという感覚がありません。

 

もし、自分で作業したくないのなら、
外注化することも可能です。

 

難しいことをせずに、稼ぐ仕組みを作ってしまえばいいだけなんです。

 

ですが、ほとんどの方がこういう生き方を知りません。
知らぬがゆえの苦労を味わうんです。

 

もちろん、会社員という選択肢は素晴らしいと思います。

現在の日本経済を支えているのは、
政治家でも官僚でもなく、
間違いなくサラリーマンの人たちです。

 

ですが、そのまま終身雇用で退職まで、
無知な状態でいると、
老後も犠牲にして働く必要があったり、
つましい生活を強いられるわけです。

 

そうならないために、
今のうちに自分で稼ぐスキルを身に付けるべきです。

 

スタートは誰でも出来ます。
すでに60歳を超えていたとしても
簡単に始めることが出来ます。

 

私もあなたも仕事をするためだけに生まれてきたのではありません。

人生を充実させるには、すべてのバランスが重要です。

 

仕事、趣味、家族、など、
お金も時間も地位も自由にならないと意味がないと思います。

 

私は会社員ではないので、今現在も自由に満ちあふれています。
もちろん老後もこの自由が続くように行動しています。

 

そのため、老後になんの不安もありません。

もし、老後になんらかの不安があるなら、
今が真剣に考えるときではないでしょうか。

 

もし、今のうちに稼ぐスキルを身につけておけば、
老後の収入は安泰ですし、
孫に囲まれて好きに生きられるでしょう。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す