成功するには逆転の発想が大事、苦境に立たされた時こそ、一番成長をする大チャンス

9db16e6f

こんばんは、三並周悟です。

 

プロ野球も開幕しましたね。

今年も大いにプロ野球が盛り上がりそうです。

 

私は毎年球場に足は運びません。

その理由として、一昔前までは球場に足を運ぶ時間すら取れませんでした。

 

ですが、最近は時間も取れるようになりましたし、
贔屓の球団の応援に行き、臨場感ある試合を楽しもうかと思っています。

 

まだ開幕して10日ほどですが、
それなりにドラマチックな試合展開なども多いですね。

大敗するときもあれば、逆転勝ち、逆転負けなど、
試合展開は様々です。

 

いつも下馬評通りの結果だと楽しくないので、
ペナントレースは終盤まで荒れて欲しいですね。

 

野球以外のスポーツにも言えることですが、
ピンチや苦境の場面ってたくさん訪れます。

そのピンチを乗り越えられずに、
挫折する人も多くいます。

 

競争社会ですから、仕方ないですよね。

 

でも、そういったピンチに立ち向かい、
その苦境を跳ね返した人は大成功しているケースが多いです。

 

例えば、満塁のピンチでリリーフに向かい、
ピシャリと後続を抑えたりすると、
その選手はピンチの場面により強くなります。

 

人間しんどいことを乗り越えた時が一番成長するんですよね。

これって、スポーツだけに言えることではありません。

 

ビジネスにも大いに当てはまります。

私の手がけれているカメラ転売などでもそうですが、
ピンチは苦境に立たされることもあります。

 

順風満帆だったとしても、
不可避なトラブルなどもあるわけです。

 

ですが、そういったトラブルもネガティブに受け止めてしまうと、
ただのトラブルでしかなく、悪いストレスだけが溜まります。

そういったトラブルは自分を成長させる糧だと思い、
ピンチはチャンスに変えるという考えで臨むべきです。

 

一度起きたトラブルは、一度解決することが出来ると、
次に起きたときは、簡単に対処出来ます。

これは成長しているってことなんですよね。

 

誰でもトラブルが起きた時は、
はじめは焦りますし、
ショックも受けるかもしれません。

 

ですが、一度解決すると、
次に起きても平静で入られます。

これはまさにピンチを糧に成長をしているということです。

 

例えば、カメラ転売で言うと大きなピンチというと、
クレームを引いた時などはそうじゃないでしょうか。

 

クレームなどほとんどありませんが、
本当にまれにそういったこともあります。

 

初心者がクレームを引くと、
おそらく焦るのではないでしょうか?

 

ですが、クレームというのは成長のチャンスです。

クレーム処理を完璧にこなせば、
その顧客がリピーターになるケースすらあります。

 

しかも、同じ内容のクレームに対しては、
対応策も出来てしまいます。

 

要は考え方なのですが、
クレームをマイナスに捉えるよりも、
成長するチャンスだと思うことです。

 

そのクレームを乗り越えると、
必ず成長しています。

 

良いことも、悪いことも経験しないと、
成長は臨めません。

 

苦境はピンチは大いに活かしましょう。
もし失敗したとしても、
次回に活かされれば、
まったく問題ありません。

 

失敗は成功の母と言います。

逆境も苦境もピンチも、
成功するためのエッセンスと捉えましょう。

 

 

稼げる人ほど、大きな失敗をたくさんしています。

逆境やピンチを多く経験しています。

そうすることで、お金も時間も社会的にも自由になれます。

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す