転売実践者必見、在庫で部屋を埋め尽くさない、マル秘テクニック

20150730120502

ネットビジネスで結果が出やすいのは、

やっぱり物販だと言えます。

安く買って、高くうる、単純明快ですよね。

 

その中でもカメラ転売は、商品が小さい割に、

高単価、高利益、回転も早く、非常に効率的です。

 

商品自体が小さい物が多く、

置き場所もそんなにスペースは必要ないんですが、

数が増えてくると話は別です。

 

私の場合は、すぐに発送できるように梱包まで済ませるので、

段ボール箱でいっぱいになってしまいます。

 

ですが、在庫を抱えないと大きな利益は取れませんからね。

物販において在庫は非常に重要なわけです。

 

では、その溢れかえった在庫は耐え忍ぶしかないのか?

っと考えて、ある程度解決策が見つかりました。

実践もしてみましたが、悪くなさそうです。

 

まずひとつが、外注化です。

商品の仕入れと検品だけ自分で行って、

清掃・撮影、出品、出荷を全て任せてしまう方法です。

これにより、格段に作業量が減ります。

自身で行う作業が大きく削減出来ますので、

ビジネススタイルとしては理想的といえるでしょう。

ですが、外注も数を多く販売しないと、

委託相手もお金が欲しいわけですので、

まとまった数を販売出来ないと受けてもらえません。

ですが、最終的に目指すのは外注だといえます。

もし可能なら外注を考えてみましょう。

 

もう一つがAmazonのFBAを利用するというやり方です。

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは、

Amazonで商品を売るというやり方なんですが、

商品自体をAmazonに送ってしまいます。

そして、Amazonの倉庫に預かってもらうわけです。

もちろん、Amazonで売れたらAmazonが発送をしてくれるんですが、

マルチチャネルサービスを利用すると、

別のプラットフォームでその商品が売れても、

Amazonが商品を発送してくれます。

要するに、ヤフオク・Amazon・メルカリなどの、

別のプラットフォームで同一商品を出品して、

どのプラットフォームで売れたかによって、

Amazonが代理で発送をしてくれるサービスです。

この方法を利用することによって、

販路も増え、販売機会が多くなることに加え、

在庫の置き場所にも困りません。

Amazonが商品を発送する際の送料は、

350円程度という低額なので、

非常にコストパフォーマンスに優れています。

 

もし、在庫の置き場所に困っているなら、

是非ともこの方法を考えてみてください。

 

 

     もっと稼ぐ方法を無料で受け取る

     

             




コメントを残す